取得資格

空き家再生診断士(資格認定機関:一般社団法人 全国空き家流通促進機構)

概要

空き家対策は、SDGs(持続可能な開発目標)の中心課題です。

空き家再生診断士は、その課題を、空き家・空き地の活用、処分、維持管理のビジネススキルを活かして解決することができます。
また同時に、地域再生に貢献することができます。

<空き家再生診断士講座で取得できる知識とノウハウ>

  • タダでも売れない農地や山林に処分。
  • 再建築不可の物件を建築可能にコンバージョン。
  • 将来のため残したい物件の維持費対策。
  • 入居者が集まらない収益物件対策。相続の安心継承。
  • 農地と分家住宅の処分。
  • 国や地方自治体の空き家対策。
  • 空き家対策のキーマン。
  • 空き家の活用事例。
  • 借地・借家の処分と活用。 など

 

空き家再生診断士のビジネスツール

1.空き家再生診断士のパンフレット

カリキュラム

  • 第1部 空き家問題の施策に関する全般的な知識
    • 空き家問題の背景
    • 空き家問題の国の施策
    • 空き家再生活用上の諸問題
  • 第2部 空き家と賃貸経営
    • 空き家を活用した賃貸経営
    • 賃貸経営の再生
  • 第3部 空き家とまちづくり
    • 誰が空き家を活用するか
    • 空き家マネジメントの主体
    • 民間と公共の役割
    • まちづくりの事例 三原市
    • まちづくりの事例 府中市
  • 第4部 空き家の流通
    • 農地
    • 別荘地
    • 田舎の低廉な住宅
    • 再建築不可
    • 共有不動産

受験資格

年齢、学歴、取得資格を問いません。どなたでも受講出来ます

試験日

インターネットによる随時受講

受験料・受講料

<認定講習会>
受講料:19,800円 ※公式テキスト代含む

※認定講習会の費用は6月より改定

 

<合格後>
登録手数料:11,000円
更新費用:2年毎 更新手数料、11,000円

※表記の金額は全て税込み

試験科目

インターネットによる受講後、択一式問題
<空き家再生診断士の講座カリキュラム>
1.空き家再生診断士が知っておくべき基礎知識
2.空き家の流通
3.持続可能なまちづくり
4.(事例をもとに)空き家再生の様々な事例

手続き

◆STEP 1
下にある「この講座に申し込む」ボタンからお申込みください。

◆STEP 2
お申込み後に届くメールに従って、お支払いのお手続きください。
お支払い方法は、クレジットカードと銀行振込をご用意しております。

◆STEP 3
<講習の受講>
・パスワードを発行

◆STEP 4
<合否の連絡>
ネット上のテスト一定水準以上の成績を収めた者が資格認定されます。
合格者には修了証と登録証用書式をお送りいたします。
合否の判定は、すべてのコースを受講されたテスト結果を、即日お知らせ致します。

◆STEP 5
<空き家再生診断士登録証の発行手続き>
空き家再生診断士認定講習を修了し、空き家再生診断士としての行動準則を承認された方は、一般社団法人 全国空き家流通促進機構空き家再生診断士として正式に登録致されます
(登録手数料として、11,000円<税込>がかかります)。